ご存知ですか?外壁塗装に使う塗料の選び方

塗料には様々な種類があります

新築の家も10年近く住んでいると、外壁が汚れたり、塗装が剥げたりしてきます。そのため、外壁を塗装し直すことになるのですが、安易に塗料を選んではいけません。外壁用の塗料には多くの種類があります。種類によって、性能や価格が大きく異なるのです。自分の家の外壁にどの塗料を使うのかを慎重に決めなければ、あとで後悔することになるでしょう。外壁塗装にかかる費用の大部分は塗料代と考えて良いです。そのため、費用を安く抑えたいなら安価な塗料を選ぶと良いです。

価格面ではアクリル系が有利

外壁用の塗料の中で最も安いのはアクリル系です。価格面は他の塗料より優れていますが、その他の面ではデメリットも多くあるので注意が必要です。非常に汚れやすいので頻繁に掃除をする必要があります。また、耐用年数が非常に短く、5年で塗り替えが必要になることも珍しくありません。長期的に見てみると、コストパフォーマンスが良いとは言えないのです。そのため、近年の新築ではあまり使われなくなっています。リフォームを行う際にも、支払いに余裕が無い時以外は選択しない方が良いといえるでしょう。

ウレタン系の塗料はヒビが入りにくいです

近年の外壁の塗料の中で、特に人気があるのはウレタン系です。ウレタンはアクリルと比べて非常に柔軟な素材です。そのため、ヒビが入りにくいのです。アクリル系の塗料の場合、急激な気温の変化があった時に伸縮が起こります。そして、それが原因でヒビが発生してしまうことが多いのです。柔らかいウレタン系の塗料であれば、そのような心配はいりません。また、同じ理由でシリコン系の塗料もヒビが入りにくいです。そのため、ウレタン系の塗料と同様に非常に人気があります。

外壁塗装の相場は、各地の専門業者の実績や、消費者のニーズなどによって、大きなばらつきが見られることが特徴です。