いざという時慌てない為に!ネジの整理方法

日曜大工や家具・インテリアの補修で急遽必要な場面も

最近は身の回りのアイテムも完成品を購入せず自らの手で作るというDIYあるいは日曜大工に取り組む人が増えています。経験豊富で用具も揃っている人であれば問題は起きないものですが、収納下手の人や経験が浅い人が起こしがちなトラブルの一つとして、細かなネジの収納を適当に済ませてしまい、後で必要になった際に中々見つからなかったり様々な種類のネジを混合させてしまうというケースが挙げられるでしょう。注意一つ、またちょっとした工夫があれば防げるトラブルですよね。以下の方法を実践してみてはどうでしょうか。

ネジ専用の収納ケースを用意する

近隣の100円ショップや釣具店に行けば、細かなアイテムやパーツを分別収納するプラ製の小さな仕切りケースが売っているもの。これらをネジの分別収納ケースに転用し役立てるのが一番です。元々携帯用に作られたケースですから持ち運びも便利な上、完全防水タイプですから水の侵入で錆びさせてしまう心配もありません。ネジの種類やサイズごとに数個のケースを用意し使い分ければ、これまで混乱しがちであった日曜大工やインテリアの修復でも道具選びがスッキリする等、大活躍してくれる事でしょう。

多量のネジを保管するなら引出し棚に収納を

元々大量のネジを使用し、また幾つもの種類を常に保管しておきたいのであれば、分別用の引出し棚に別途収納し、いざ必要な分だけ前述の小ケースに移し携帯するのが便利です。分別用引出し棚は内容がある程度確認出来る様透明のプラスチックタイプが大変便利。適宜タイトルも追加出来るので、探したいネジがすぐに見付かります。内容が減ってくれば引出し自体が軽くなったり外部からでも確認出来る為、補充のタイミングもバッチリ計れますよね。

インターネットには、ねじの販売サイトもたくさんあります。ねじ1本から購入可能なサイトもあるので、必要な分だけ入手できます。