壁掛け用テレビの金具を選んで室内をスッキリさせる

テレビは意外と場所をとる

デジタル放送が始まってから、薄型テレビを持つ世帯が急速に増えました。液晶などの薄型テレビは、とても繊細な映像を流しますので、迫力のある画面で観たいと、大型の薄型テレビを購入した家庭はとても多いことでしょう。この時に困るのが、設置する場所です。ワイドで大画面の薄型テレビは、意外にもスペースを広く使います。室内をすっきりさせるためにも、壁掛け用の金具を使うなどして、工夫を凝らしてみることをおすすめします。

壁掛け用金具はいくつかの種類が存在

テレビを壁掛けにできる金具は、家電量販店やホームセンター、専門店や通販ショップなどで売られているんですよ。色んなところで販売されていますので、探すこと自体は苦労しないでしょう。壁掛け用金具にはいくつかの種類があります。大きく分けると、スリム、チルトタイプのものと、アームタイプのもの、ホッチキスでとめられるものなどです。これらどのタイプを設置するにしても、テレビが落下しないようにしっかりと固定させるようにしましょう。

スリムやチルトタイプのとめ方

スリムやチルトタイプの壁掛け用金具を取り付ける場合には、まずテレビの配線を抜きましょう。次に、テレビのパネル部分だけにするために、スタンドを取り外します。重いので、作業には気をつけてください。テレビの後ろにあるネジ穴に、壁掛け用のブランケットを取り付けます。ドライバーでネジをしっかり固定してくださいね。設置場所を決めたら、壁掛け金具を取り付けますが、電動ドリルドライバーでつけると楽に作業できますよ。金具にブランケットを取り付けて完成です。

金具は生活する上で誰もが必ず利用しているものです。例えば建物のドアの蝶番、衣類の留め金、バッグや財布の口金など、人間が加工して便利に使用しているものの代表です。